日記・コラム・つぶやき

Dear



I wish you both always be happy and solve all problems together


Congratulations on your marriage♪

| コメント (0)

復興の願いをこめて。相馬野馬追祭り2011①

週末地元で相馬野馬追祭りが今年も開催されました。

Img_8177


昔から7月23日は1年に1番市が活気づき観光客でにぎわう日でした。

幼いころは特別なものだと思いもせず特になんとも思ってはいませんでしたが、

故郷を離れてから、特にここ数年は後世に伝承したい大切なお祭りだという意識が

強くなっていったような気がします。

相馬の名前が入っている通り、生まれ育った町と馬とは昔から深い関わりがあって

馬という存在は幼い頃から身近な存在でした。※このお祭りの詳しい説明はこちら

このお祭りは1000年以上の歴史と伝統があり、一般的なお祭りとは違って

とても厳粛なので、見物する時はちょっと背筋が伸びて緊張します。

昔は相馬人は馬肉を食べてはいけないという言い伝えがあったくらい馬は町の人

にとって神聖で大切な存在でした。今はそんなこともないけれど
(でも馬を飼っている人は今も食べないみたい)

今年は震災もあり特にふるさとを思う気持ちが今まで以上に強かったので、

最初の出陣式からしっかりとみようとみっちゃんと計画し当日を迎えました。

恥ずかしながら出陣式から見学したのは今回が初めて。

ゆっくりとこれから当日にさかのぼり記録していきたいと思います。

この祭りのほとんどの人は先祖代々自宅で馬を飼育し、親から子へ伝承され

参加してきていましたが、なかなか人も馬も絶やさず継続していくのは現実問題

なかなか難しいのが現状でした。

なので毎年参加する騎馬武者が減っていたうえに、さらに今年は震災で亡くら

れていたり参加することが困難な人が増えたので例年以上に激減し厳しい状況に

なるだろうと覚悟をしていました。



当日は例年では考えられないくらい涼しく過ごしやすいお天気。

AM7:30 馴染みの大手門をくぐり

Img_5387_2

中村神社へ向かう途中長友グランドでは早くも騎馬武者達が馬にまたがり

準備をしています。

Img_5402_2

Img_5388


この時点で大勢の観客と報道陣がかけつけていました。

何年も見てきたけれど生で見る甲冑姿の武士は本当に威風堂々としていてかっこいい。

それぞれがこの祭りに誇りをもっているというのがひしひしと伝わってきます。




パシャパシャと写真を撮ってるとみっちゃん「ほら、一緒に写真撮ってあげるから」

とわたしに促します。「え、いいよいいよ」と断るわたし。

いくつになってもやっぱり親にとっては子供なんだなぁと感じ、こんなささいなことでも

明らかに喜んでテンションが上がっている母親をみるとほんの少し切なくなったり

もしました。

Img_5389

さて、ようやく中村神社に到着しポジションを確保し出陣式の始まりを待つのみと

なりましたが、準備の段階が初めてみるのでとても興味深くおもしろかったです。

Img_5392

緊張感と高揚感が漂う会場は厳粛な雰囲気に包まれていました。

Img_5393


千年昔から出陣前騎馬武者が口にしてきたであろう酒と漬物と栗。

祭りの中心である総大将を務める相馬家第33代当主・相馬和胤さんの長男行胤さん。

総大将が到着すると会場が一気にざわめきます。人が多すぎて確認できず・笑




ちなみにこの旗が総大将の旗です。

Img_5394


長くなりそうなので出陣式のことについては長くなるので次に書こうと思います。

つづく

| コメント (0)

菅野美穂になりたい

前からこの2人が出演するチオビタのCMが爽やかで好きでしたが

(俳優さんも・笑)最近のくるりの挿入歌バージョンは今までで一番好きです。

菅野美穂のナチュラルさすてきだな ^-^

お肌がきれいで白くてこのワンピも似合っていてかわいい。


このCMとくになんともない日常に幸せを感じられることがしあわせなんだと

教えてもらえたような気がします。

くるりの音楽はほとんど聴いたことがなくてよくわからなかったけど、

この曲はなんだかせつなくてきゅんときてすぐ気に入ってしまいました。

      

          ♪いつまでも そのままで 泣いたり 笑ったり できるように

               曇りがちなその空を 一面晴れ間に できるように

                     
                                           奇跡 songby くるり

続きを読む "菅野美穂になりたい"

| コメント (0)

もうすぐ30才ゆずライブ直前日記とRADIO


今週末久しぶりにゆずのライブに行ってきます。@横浜アリーナ


WONDERFULWORLDツアー以降なので約3年ぶり!

時が流れるのは本当に早いですね…

だって【もうすぐ30才】がリリースされた時はわたしはまだ20代前半で

まだまだ自分には先の話だわ。

なんて思っていたのに本当にもうすぐ30才になりますよ。

はっはっはっは!!!!


久しぶりこのPV見たけどスーツ+めがね姿の悠仁かっこいいわー

当時もゆずのふたりが29才?だったと思うから妙にリアルで笑えます。

さて、わたしが今まで好きになったアーティストはドリカム、ゆず、aikoの3組ですが

この中で1番CD数、雑誌、FC会員など浅いながらも熱を入れたのはゆずだと思う!

ライブも1番行ったしライブグッツを1番持っているのもゆず♪

ゆずはね本当にライブが楽しい!

ファンと一体で子供から大人まで楽しめるライブです。

わたしも熱しやすく冷めやすいタイプなので一時期ゆず離れしてしまったことも

あるけれど(笑)やっぱり歌もふたりも好きだし振り返ると人生の節目節目で

ゆずの曲には助けられたなぁと物思いにふけってみたり。



19才でアメリカに合宿で行ったとき何もないただひたすら

続く高低差のある山道の中を走る練習がよくあって少しでも気分良く走れるようにと

隣を車で走るコーチが車の中から本人の好きな曲をかけてくれました。

夏色にセンチメンタルに雨と泪に濃。

今もゆずの音楽とあの真っ青な空とほこりっぽいじゃりを蹴る音と息づかいの中

走る自分を鮮明に覚えています。 




いい思い出です(テルさん風に)



本当辛い時も、うれしい時も、ゆずの音楽はいつもわたしのそばに

寄り添ってくれていた気がします。

2ヶ月前以前から親交のあるFMかしまのDJまさひとさんの番組に

半年ぶりにメールを送りました。

当時はまだ気持ちの上手に整理できていなくて上手く文章が書けるか不安で

したが、どうにかこうにか送り光栄にも読んでいただけました。

生放送は聴けませんでしたがイマサさんの協力も経て(また・笑)後日聴く

ことができ、泣くつもりなんてなかったのに目覚まし王子さまの優しい声に

不覚にも涙><。

それにあんなに詳しく地元とのことを話してくれるなんて思っていなかったから

びっくりしました。うぅ…なんて優しんだ。。。

自分でリクストしてなんだけど虹がまた涙腺をゆるめました。その時のラジオ

送ってよかった!ありがとうまさひとさん、イマサさん。



また前に小さな一歩が踏み出せましたよ。ゆっくり一歩ずつ一歩ずつね。

震災後初めてのライブ、冒頭から泣いてしまわないか心配だけどしっかりと

ふたりの姿を目に、ふたりの歌声を耳に焼き付けてきます!

| コメント (1)

ハワイ願望

Hawaii





なんだかね行ったことないけどね…無性にハワイに行きたいんですよ。




ずっとハワイの魅力はあんまり分かんなくって、なんであんなに日本人ばかり

いる近場のところへみんな行くんだろうって不思議でしかたなかったんだけど

最近テレビで見てから

「ここに行きたい!真っ青な空と海と気持ちいい風に吹かれたーーい!!!!!」




ってものすごく感じたわけです。いまさらだけどすごくステキなところなんですね(遅)

そんなタイミングでHanakoさんのハワイ特集をたまたま見つけてしまったので

思わず即買いしてしまいました。

Hanakoさんを買ったのなんていつぶりでしょうか。。。

たぶん4、5年ぶり(笑)

むだに今もハワイ関連の画像を検索してニヤニヤしてしまっています。

ハワイアンミュージックまで気になり始めているすぐ熱しやすい性格です。




まぁ良いよね妄想ならタダで行けるし(悲)


福島の人達もハワイに一時避難していたみたいですね。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/dst11041923440052-n1.htm

帰ってからのこと、将来のこと、もちろん考えたら不安だし大変だとは十分

分かっているけど「うらやましいなぁ。。行って癒されたいなぁ。。」

なんてちょっと思ってしまった><

疲れてるわー(苦笑)


あーIKITAI!!!!!IKITAI!!!!!!IKITAI!!!!!!

ロコモコ食べたい。 虹色のアイス食べたい。頭にハイビスカスつけたい。





ふぅ。

この週末は妄想旅行の旅に出かけようと思います。

※イメージはひとりSATC!!!!!!←





【追記】

そういえばキンさんもハワイ大好きだったよねぇ( ̄▽ ̄)

老後は移住したいって言ってた気がするな。

キンさんも大のお気に入りの国に行かなくてどうする!!笑

| コメント (0)

AND I LOVEYOU

            
                DREAMSCOMETRUE *AND I LOVE YOU * 

        ♪「遅くなるよ」の電話はもう 来ないけれど

         長い旅にでもでたと思っています

         何日も会えないことも 多かったから

         わたしたちはきっと ね、だいじょうぶだよね?


         これまでは ふたりで乗り越えたいろんなこと

         たとえば まさに「今」みたいなことを

         これからは ひとりで 乗り越えていかなきゃいけない

         それが ほんとは一番心細い

         この歌を人前で歌う事はないだろうけど

         私情をみんなに聞かせて申し訳ないけど

      
         いつか あなたのところへ 私が行く時

         しわしわでも ぜったいに すぐに見つけてよ


         ありがとうって言えるまで どこかで見ててね

         ありがとうって言ってるから どこかで見ててね



あまりお仕事のことはブログに書いたことはなかったんだけど、

どうしても気持ちの整理がしたくて迷ったけれど書くことに決めました。



震災以来わたしは地元で被災者の方と接する仕事をしていていて、

慌しくも現実とに直面し向き合う毎日です。

この2ヶ月、本当にたくさんの人達に出逢い、「家族って何だろう」を

毎日考えさせられながら過ごしています。


「生きてることもしんどい」と嘆くおじいちゃん

「神様なんていないよ」と肩を落とす人、

「お金がいくらあっても足りない」と愚痴をこぼす人、

震災当時を思い出して涙を流す人。

大切な人を失った人。

「もう何にも流されてなくなったからさ、一からやるしかないのよね」

と笑い飛ばすおばさん

「あたしたち死んだ旦那の分までがんばらなくちゃ!」

「そうね。あたし達生かされたんだものね。がんばろうね」

と涙目になりながら手を取り合い励まし合う人達。


1番辛いのが大切な人を失った人への対応でした。


祖父母、両親、兄弟、夫、妻、子ども。

失った人の数だけ家族がいます。


冷静に対応しなくてはと思っても無意識に感情移入をして帰宅をすると、

なぜかぐったりとしてしまいました。

今日は特にそんな1日だったからなかなか眠れず深夜にブログを書いています。

日中両親と若い女の子がやってました。

両親は50代くらいで女の子はまだあどけなさが残る20才のかわいらしい女の子。

どうやら彼女の旦那さんが亡くなられたようで胸が張り裂けそうな思いで

手続きの説明をし続けました。

お子さんの相続欄の記入で女の子の手が止まっていたので

「お子様は一緒に暮らしていますか?お幾つですか?」と質問すると

女の子は首を横にふって


「…いえ。まだ生まれてないんですよ。ここにいます」


とお腹をさすって穏やかな笑顔で言いました。

気づかなかったけど彼女は妊婦さんで大きなお腹をしていました。

必死に冷静を装うのが大変でこんなドラマみたいな悲しい話しが現実にあるんだと

動揺し泣きそうになってしまいました><。

はぁ…ぜんぜんダメだわわたし。


あの強くてしっかりとした目は一生忘れないと思う。母強しだね本当に。


なんともいえないこの感情になんて書いていいのかもわかんないんだけど、

とにかく書くことで落ちつきたかった。完全なる自己満足だけど。


わたしにはなんにもできないきないけど彼女と赤ちゃん。

残された家族の幸せを願わずにはいられません。

あの女の子に出会ってからずっとドリカムの ANDILOVEYOUが頭から

離れなくてずっとiphoneで聴います。



思い出してまたちょっと涙目になったけどようやく眠れそうです。

おやすみなさい。

明日もいい1日になりますように*




※追記

ふと思い出したけどこの日の夜、おねーちゃんから電話があって

ほんの少しだけ喋ったただけなのに(私「もしもしーどうしたのー?今帰り?くらい)

「何かあった?なんか声がいつもと違うから」と言われた。

電話の時は自分でも気づいていなくてそんなことないよって言ったんだけど

ほんの少しの声で気づくなんてやっぱねーちゃんすごいや(笑)

姉の偉大さにも気づかされた1日でした。ありがとうねおねーちゃん♪

| コメント (2)

I love you & I need you ふくしま



福島県に住んでいてテレビを少しでも見ている人はこの曲を1日1回は

必ず聴いていると思われますこの曲。

福島県民なら知ってるよね?猪苗代湖ズの「I love you & I need you ふくしま」

決して「ベタすぎる!」なんて笑わないでくださいね(笑)

ってそんなわたしも最初聴いたときは正直そう思ってしまった薄情者なんだけど

何度も聴いてPVを見てからというもの感動し大好きになりました。

もう毎日テレビで流れるし覚えやすい歌詞とメロディーなので毎日頭の中リピート

で離れません。この前スーパーに行ったら子どもたちが笑顔でこの曲を歌っている

姿をみてなんだか癒されました。

アーティストが大勢集まり笑顔で復興支援ソングを歌いその売り上げを義援金に

するという活動が個人的に好きではなかったんだけど(正直に言います嫌いです・爆)

でもねこれは違いました。

もちろん作った人達が福島出身ということもあるけどこのPVにシンプルだけど

いろいろな想いが詰まっているって伝わったから。

これはたぶん福島人に1番心に響いて元気がもらえて前向きになれる曲だと

思うな。 iphoneじゃなかったら即DLするのになぁ…残念><

曲の最後の方に

I  love  you, baby 浜通り
I  need you, baby 中通り
I  want you,baby  会津地方 福島が好き




I  love  you, baby 野馬追
I  need you, baby  赤べこ
I  want you, baby  鶴ヶ城   福島が好き

って歌詞があるんだけどここが地元愛がにじみ出てお気に入り♡


さて、明日3ケ月ぶりに親友と再会します。

あの原発事故があってからもうしばらく会えないんじゃないかって覚悟して

いたから本当にうれしいです。会ったらきっと抱き合って泣いてしまうと思う><。


今までと変わらずふたりの大好きなラーメンかカレーを食べて何時間も

カラオケでバカ騒ぎしながら歌って、若者ぶってプリクラとるんだ!

「もちろんカラオケで猪苗代湖ズ歌うよね?カラオケに入ってなかったら

アカペラで歌おうね」

ってこの前電話で約束しました(笑)

ふくしまーがー好きー♪


肩組んで歌おうじゃないか!

| コメント (4)

みらいが染みてしょうがない

Img_2078  Img_1888_2




子どもの頃見た海は光っていて ずっと遠くまで霞んで広がっていた
黙ったまま 強がった 幼かったあの頃の日々


生まれ育った街は緑と鳥達の声 いつも暗くなるまで 自転車こいでいた
小さな世界広がった そう思ったあの日の僕ら


未来へと希望乗せて 今創り出される
新しい風に吹かれながら



遠く離れていても 目を閉じれば ほら いつも蘇る
海を渡る鳥達 そして僕らまた明日へと旅立つ
けど心の中にいつの日も消える事のない 美しいふるさとはある



生きているっていう事 繋がっているっていう事 忘れないで



遠く離れていても 目を閉じれば ほら いつも蘇る

海を渡る鳥達 そして僕らまた明日へと旅立つ

けど心の中にいつの日も消える事のない 美しいふるさとはある



消える事のない僕らのふるさとはある


【みらい songby ゆず 】



この曲は元々虹のカップリングで聴いた当初は正直あまり気にも止めず

良い曲だなというくらいの印象しかありませんでした。

でも震災後初めて聴いたゆずの曲がみらいで涙が止まらかったから

しばらく聴くことをやめていていました。


最近はだいぶ元気になりそんなことすっかり忘れていてなにげなく

観ちゃったライブDVDがそりゃもう感動して涙腺またまた崩壊><。

昨日おねーちゃんと電話で「みらいは染みるよね」という共通の想いに盛り上がった

んだけど話してる途中で無意識に鼻がぐすぐすうるうるしてしまったよ。

いやーそんな自分にびっくり!

涙の理由はよくわかんないけどまだいろんなことが完全ではないんだなってことに

気づかされたのかも。やーね涙もろくなって!

自分では若者ぶってるつもりだけどこういう時

「あぁ…確実に年齢重ねてるのね」としみじみ感じてしまう瞬間。こわい




てかおねーちゃんの前だからかな?

おねーちゃんとわたしは全然タイプが違うけど(ちびまる子ちゃんの姉と妹)

好き嫌いや物事のとらえ方が似ているのでわかり合える部分が多くあると思う。

あたしは基本わがままで甘ったれな妹で迷惑ばかりかけているけど

兄姉がいてふたりの妹で本当によかったと震災があってさらに感じたよ。

ってみらいのことをブログに書こうとしてたのにあれれ?

ま、いーや(笑)




今からこんなんで今年のゆずのライブ、生で聴いたらどうなっちゃうんだろう。。。

みらいも虹も逢いたいも危険すぎるよねぇ(苦笑)


ふるさとのうたが聴こえます


泪はどこからやってくる


ふるさとの唄が聴こえます

「ありがとう」君に届けたい

「ありがとう」君に届けたい

| コメント (1)

じゅもん

1301829925334.jpg






「大丈夫」の漢字には人が3人集まってるから安心を感じる言葉なんだって




なんだかとっても納得。




今回被災して様々な景色をみてたくさんの人と話し

自分なりに感じることが多くありました。

その中でもがんばってねの言葉の重みをこんなに感じることはなかったかも…



がんばれって言われるより大丈夫って言われた方が

肩の力が抜けて不思議と楽になった気がするなー


「大丈夫。きっとだいじょうぶ」

って呪文みたいに言い聞かせてる








だいじょうぶ。だいじょうぶ!











※初のiPhoneからの投稿うまくいくかしら?

| コメント (0)

またね






こんな時はがんばれとか あきらめるなとか 気をつけてとか

言えたらいいんだろうな


こんな時こそ何かあったら帰っておいで 

いつでも待ってるからって

言えたらいいんだろうな




あぁ でも胸に開いた黒い穴みたいなのに自分でも驚いて

ただばかみたいに繰り返してる



そっか そっか そっか… またね またね

そっか そっか そっか… またね またね









大切なあの人が


大好きなあのこが

1日も早く心から笑える日がきますように…

そしてわたしも。


みんなで笑顔で会えるその日まで、またね。





| コメント (0)

より以前の記事一覧