« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の記事

I love you & I need you ふくしま



福島県に住んでいてテレビを少しでも見ている人はこの曲を1日1回は

必ず聴いていると思われますこの曲。

福島県民なら知ってるよね?猪苗代湖ズの「I love you & I need you ふくしま」

決して「ベタすぎる!」なんて笑わないでくださいね(笑)

ってそんなわたしも最初聴いたときは正直そう思ってしまった薄情者なんだけど

何度も聴いてPVを見てからというもの感動し大好きになりました。

もう毎日テレビで流れるし覚えやすい歌詞とメロディーなので毎日頭の中リピート

で離れません。この前スーパーに行ったら子どもたちが笑顔でこの曲を歌っている

姿をみてなんだか癒されました。

アーティストが大勢集まり笑顔で復興支援ソングを歌いその売り上げを義援金に

するという活動が個人的に好きではなかったんだけど(正直に言います嫌いです・爆)

でもねこれは違いました。

もちろん作った人達が福島出身ということもあるけどこのPVにシンプルだけど

いろいろな想いが詰まっているって伝わったから。

これはたぶん福島人に1番心に響いて元気がもらえて前向きになれる曲だと

思うな。 iphoneじゃなかったら即DLするのになぁ…残念><

曲の最後の方に

I  love  you, baby 浜通り
I  need you, baby 中通り
I  want you,baby  会津地方 福島が好き




I  love  you, baby 野馬追
I  need you, baby  赤べこ
I  want you, baby  鶴ヶ城   福島が好き

って歌詞があるんだけどここが地元愛がにじみ出てお気に入り♡


さて、明日3ケ月ぶりに親友と再会します。

あの原発事故があってからもうしばらく会えないんじゃないかって覚悟して

いたから本当にうれしいです。会ったらきっと抱き合って泣いてしまうと思う><。


今までと変わらずふたりの大好きなラーメンかカレーを食べて何時間も

カラオケでバカ騒ぎしながら歌って、若者ぶってプリクラとるんだ!

「もちろんカラオケで猪苗代湖ズ歌うよね?カラオケに入ってなかったら

アカペラで歌おうね」

ってこの前電話で約束しました(笑)

ふくしまーがー好きー♪


肩組んで歌おうじゃないか!

| コメント (4)

みらいが染みてしょうがない

Img_2078  Img_1888_2




子どもの頃見た海は光っていて ずっと遠くまで霞んで広がっていた
黙ったまま 強がった 幼かったあの頃の日々


生まれ育った街は緑と鳥達の声 いつも暗くなるまで 自転車こいでいた
小さな世界広がった そう思ったあの日の僕ら


未来へと希望乗せて 今創り出される
新しい風に吹かれながら



遠く離れていても 目を閉じれば ほら いつも蘇る
海を渡る鳥達 そして僕らまた明日へと旅立つ
けど心の中にいつの日も消える事のない 美しいふるさとはある



生きているっていう事 繋がっているっていう事 忘れないで



遠く離れていても 目を閉じれば ほら いつも蘇る

海を渡る鳥達 そして僕らまた明日へと旅立つ

けど心の中にいつの日も消える事のない 美しいふるさとはある



消える事のない僕らのふるさとはある


【みらい songby ゆず 】



この曲は元々虹のカップリングで聴いた当初は正直あまり気にも止めず

良い曲だなというくらいの印象しかありませんでした。

でも震災後初めて聴いたゆずの曲がみらいで涙が止まらかったから

しばらく聴くことをやめていていました。


最近はだいぶ元気になりそんなことすっかり忘れていてなにげなく

観ちゃったライブDVDがそりゃもう感動して涙腺またまた崩壊><。

昨日おねーちゃんと電話で「みらいは染みるよね」という共通の想いに盛り上がった

んだけど話してる途中で無意識に鼻がぐすぐすうるうるしてしまったよ。

いやーそんな自分にびっくり!

涙の理由はよくわかんないけどまだいろんなことが完全ではないんだなってことに

気づかされたのかも。やーね涙もろくなって!

自分では若者ぶってるつもりだけどこういう時

「あぁ…確実に年齢重ねてるのね」としみじみ感じてしまう瞬間。こわい




てかおねーちゃんの前だからかな?

おねーちゃんとわたしは全然タイプが違うけど(ちびまる子ちゃんの姉と妹)

好き嫌いや物事のとらえ方が似ているのでわかり合える部分が多くあると思う。

あたしは基本わがままで甘ったれな妹で迷惑ばかりかけているけど

兄姉がいてふたりの妹で本当によかったと震災があってさらに感じたよ。

ってみらいのことをブログに書こうとしてたのにあれれ?

ま、いーや(笑)




今からこんなんで今年のゆずのライブ、生で聴いたらどうなっちゃうんだろう。。。

みらいも虹も逢いたいも危険すぎるよねぇ(苦笑)


ふるさとのうたが聴こえます


泪はどこからやってくる


ふるさとの唄が聴こえます

「ありがとう」君に届けたい

「ありがとう」君に届けたい

| コメント (1)

一夜明け新聞一面

Photo




何度見ても最高にいい写真だなぁ。。。(泣)




Image_2 


エルゴラ至上最高の出来だと思われます。(なにげにキンさんの後ろ姿ばっちり映ってる・笑)




今年の太田さんとってもいい顔をしていたと思う。

やっぱり自信という並々ならぬ決意というか…人間顔にでるもんですね。



足を攣りながらゴールを決めた太田さんの活躍はもちろんですが

個人的に赤ほっぺよしきがスタメンで出れたことがとってもうれしかったです。

よしきが移籍してきてから彼がピッチに出るとどうしてもお母さん目線(エラソー)

になってしまって「よしきー!よしきー!」って叫んじゃいます(笑)

去年はちょっとハラハラしたけれど今年は移籍組3人ともチームになじんで

なくて今ではならない存在になりました。来てくれて本当にありがとう。

さて、久しぶりのブログ登場我らのカミカゼサイドバックキンさん。

アウェイユニもすんごくすんごく似合っていました。キン△!!キン△!!

真っ白なユニフォームがまぶしかったです(バカ)

試合中何度か惜しいシュートシーンがあったけど

今年も「なんでそこにおまえがいるんだー!!!」攻撃健在でうれしかったです。

ヘアバンド?をつけている姿は初めてみましたよ。ふふふ

似合ってはいたけれどやっぱりキンといえばソフトモヒカン!これから期待しています♡

そういえばこの前ツイッターで菅井のファンは野郎サポが多いというトピックスで

盛り上がっていましたがたしかに納得な気がする。

「やっぱり俺の菅井だ。やってくれるな」「いやいや俺の菅井だよ」「俺だよ」

ってな感じでおもしろかった(笑)



試練がまだまだ続くシーズンになると思うけどをケガなく乗り切ってほしいな。

ゆずみさん震災に負けず今年も我らの菅井直樹を全力で応援します!!

| コメント (0)

J再開!!


2009年12月天皇杯準々決勝

ベガルタ仙台準決勝初の国立を目指した大事な一戦の相手は

川崎フロンターレでした。


2010年12月J1残留をかけた最終節、ミスターの引退試合

この時の対戦相手もフロンターレさんでした。


2011年4月

Jリーグ再開の歴史に残る一戦の対戦相手もフロンターレさん。



この不思議なご縁があるフロンターレさん。

今日のJ再開初戦の相手で本当に川崎さんでよかったとベガサポのお仲間が

口をそろえて言っていました。

この映像を見たら詳しくは聞なかったけど少しだけ分かった気がします。

もう涙が止まらなかったです。フロンタさんもう泣かせないでよー><。

勝利はもちろんうれしかったけど、今日ほどサッカーサポーターでよかったな

と思えた日はないかもしれません。


なんだか胸がいっぱいでうまく言葉にはできないけど。

ようやく止まっていた時間が少しずつ動き出しそうな気がします!


サッカーが好きでよかった。

ベガルタのサポーターで本当によかった。



カントリーロードを歌うサポーター達をみては泣き、テグさんの男泣きの

インタビューを見てこの涙腺崩壊、スカパーでインタビューを受けたセッキーが

声を裏返しながら涙目になった姿をみてまた号泣。

もう泣いてばっかりな1日だったけど今回はうれし泣きだからいいよね♪




29日、聖地ユアスタがうれし泣きをするサポーターで埋め尽くされますように。。。

| コメント (0)

近況とお花見

Img_4792

最近余震の影響で以前にも増して夜中に何度も目が覚めます。

眠りについても地震と津波に襲われる夢をみたり、なかなか心身共に疲れが

抜けない毎日を過ごしていましたが先週お花見に行って きました。



この日の天気予報は一時雨だったので「やっぱり今年も雨女の本領発揮か?」

と内心びくびくしてたけど、終始汗ばむくらいの晴天でまさにお花見日和♪

福島市にある信夫山の桜はちょうど満開だったのでとってもきれいでした。

福島市は放射能が県内の中でもちょっと高めな地域なのでドキドキしながらの

お花見になったけど、桜を見ると心が和んだしお弁当も食べてとっても楽しかったです。

通勤以外ほとんど外に出ることがなかったから気持ちよかったなぁ。。。



なにげに初めて行った信夫山公園。

Img_4809

例年はもっと屋台も出ていて盛り上がるらしいんだけど放射能の影響もあってか

ほどよく混んでる程度でした。逆によかったかも。

屋台って買わないけど見てるだけでもテンションあがります!

なんで屋台で売っているもの達はあんなに魅力的なんだろう…






屋台と桜

Img_4808_2

噴水と桜

Img_4810_2

信夫山公園に咲いていた【しだれ桜】は濃いピンク色でこれまたきれい。


Img_4817

いやぁ、自然ってほんっとうにいいもんですね~

(水野晴郎さん風に)



さて、心が満たされたあとはやっぱり胃袋だよねってことで

福島名物の円盤餃子を食べに行きました。

地元に住んでいながら一度も食べたことがなかったからテンションあがるあがる!


店構えからしてええ感じやないですかー!(懐かしのリャン風)

Img_0415_2 

狭い店内のカウンターは常連さんで埋まっていました。

みんな当然のように円盤餃子を頼んでいてもちろん便乗!

期待に胸をおどらさて待つこと数分…



どきどき♡どきどき

Img_0689

      はい、きたよこれ。

揚げているかんじだったのでもっと重いかも。。。と思っていたけど

野菜がメインの餃子でニンニクも入っていなかったのでパクパク食べれました。

焼き餃子と揚げ餃子の中間みたいな感じで不思議な食感!

いやーおいしゅうございました。 


調子にのって水餃子も追加♡ うふふ

Img_9673

これまたちゅるりとぺろりと食べれました。さすがですよ山女さん



タルトタタンは悶絶する甘さだったけどそれもまたおいしく楽しかったな。

美しい景色をみて癒されて美味しい物を食べ感動し

心から笑い笑顔になれることがこんなにもしあわせなことだなんて今まで

あたり前のように感じすぎていて気づかなかった。

Img_2449

すべてあたりまえじゃないことに慣れてしまわないように。





きょうもわたしは幸せで元気です!

| コメント (4)

震災から一ヶ月

Nagi

※姪っ子が描いてくれたわたし


震災から一ヶ月が経ちました。

早かったようなものすごく長かったような不思議な気分です。


14時46分 

職場では市役所で毎日実施されている災害FMのラジオをつけ

鳴り響くサイレンとともに東を向いてみんなで黙祷。

黙祷の間いろいろなことが思いだされて心臓がばくばく脈が速くなりました。

こういう感覚は余震の時もよくなるからちょっとこわいです。

大好きな街も変わり、仕事で関わった人も亡くなり親友とも離れ離れ、

たくさんの仲間や友人ともいつ会えるか分からなくなりました。

この1ヶ月自分を取り巻く環境の変化に戸惑い、気持ちも毎日浮いたり沈んだり。

ほんのささいなことでも涙腺がゆるんでしまって。


あいこめ(携帯ファンサイトから届くaikoからのメール)を見ては泣き、

aikoがテレビで【キラキラ】を歌ってくれた姿を見たときはもう涙腺崩壊!!!!

歌い終わったショートカットのあいこさんが(衝撃的にかわいかった)

泣きそうな顔でちいさく拳を握りしめて何かを言ったなと思っていたんだけど、

後からそれは「がんばれ」って言っていたことが判明。それを知ってまたうるうる><。




「うんうん。あいこありがとう。あたしがんばるね!」←単純

そんな感じで少しずつaikoの曲を聴けるようになり、

「あれが食べたいな」「ここに行きたいな」って欲求がでてくるようになったのは

元気になってきた証拠だと思います。


友達が「不便なこと以外は慣れたくないよね」と言っていたけどほんとうにそう思う。

余震も原発の怖さもスーパーに食料が並んでいることも、ガソリンが入れられることも

電気が使えて水が出る幸せも、人の痛みにも、感謝する気持ちも。

慣れないように、忘れないように心がけることが自分に出来る身近な復興の

ひとつかもしれません。


さて、突然ですかこれ

Nikki


まー嬢と実業団時代中国⇔日本でやっていたこうかん日記。

にゃんこ学校(笑)

毎回読み返す度に笑ってしまいます。

元気がなくなったら読んで大笑いしようっと!

避難する時は必ず持っていくんだ。

わたしの宝物のひとつです。



【追記】

壊滅的になって営業停止になっているローソンの窓に

「顔晴ろう相馬 顔晴ろう福島 顔晴ろう東北 」

と書いた張り紙があってなんだか心が温かくなりました。

顔が晴れると書いて顔晴ろう。





まだまだ不安だし心配はつきないけどひとりじゃないもんね

うん。今日も顔晴ろう

| コメント (0)

じゅもん

1301829925334.jpg






「大丈夫」の漢字には人が3人集まってるから安心を感じる言葉なんだって




なんだかとっても納得。




今回被災して様々な景色をみてたくさんの人と話し

自分なりに感じることが多くありました。

その中でもがんばってねの言葉の重みをこんなに感じることはなかったかも…



がんばれって言われるより大丈夫って言われた方が

肩の力が抜けて不思議と楽になった気がするなー


「大丈夫。きっとだいじょうぶ」

って呪文みたいに言い聞かせてる








だいじょうぶ。だいじょうぶ!











※初のiPhoneからの投稿うまくいくかしら?

| コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »